ギラ・ドーガ改 (シド・アンバー機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギラ・ドーガ改 (シド・アンバー機)
外国語表記 Geara Doga Kai
登場作品 機動戦士ガンダムF90
デザイナー 中原れい
テンプレートを表示
スペック
分類 試験用モビルスーツ
型式番号 AMS-119S[1]
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
開発組織
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第13実験戦団 (第13独立機動艦隊)
母艦 アドミラル・ティアンム
主なパイロット シド・アンバー
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍が、接収したギラ・ドーガジェガンのパーツを用いて強化改修した機体。

宇宙世紀0120年代において既に旧式化しているギラ・ドーガだが、改修によって原型機よりは性能が向上している。改修にジェガンのパーツを多く使用しているため、バックパックや脚部などにジェガンの意匠が多く見られる。メインカメラがゴーグル型に変更されているのも特徴で、バイザーにはシャークマウスのノーズアート、機体各部には部隊章とモデックスが施されている。

今のところ、確認されている機体は第13実験戦団 (第13独立機動艦隊)にデータ収集用・仮想敵として配備されている1機のみ。カラーリングは青系でまとめられている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF90
乗機であるF90 2号機を奪われたシドの代替機として登場。1号機の仮想敵として運用された後、実戦に投入。火星での戦闘では1号機と共に基地内部に侵入するが、改修された2号機の奇襲を受け大破。シドは脱出し、機体はそのまま基地内に放棄された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

シールド
ジェガンの物を使用。『F90』の作中で唯一確認できる手持ち装備。
2連装ミサイル・ランチャー
シールドの側面に2基内蔵。弾体が小型なので推進剤の容量が少なく、射程は短め。先端部に内蔵された複合センサーによりミノフスキー粒子散布下でもある程度の誘導を可能としている。作中未使用。
ハンド・グレネイド
腰のサイドアーマーに2~3発装備。『F90』では作中未使用。また、コマによって個数や装備位置(右腰・左腰)にバラつきが生じている。
ビーム・マシンガン
ギラ・ドーガ改の装備。銃身下部にはグレネード・ランチャーが装備可能。ゲーム作品などで使用。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装着されている。
ビーム・ソード・アックス
近接戦用の武装。サーベル、斧、ピックの3モードに切り替え可能。ゲーム作品などで使用。

対決・名場面[編集]

ガンダムF90 1号機
火星への移動中、部隊の実戦訓練中にデフシドが独断で訓練を開始。F90に追いすがろうとするシドだったがF90の機動性に追いつく事は叶わず、また、シドが乗機のサイズ変化を認識していなかった事もあり、簡単に背後を取られてしまった。
火星での戦闘
火星到着時に奇襲してきたRFギャンゲルググキャノンへ挑みかかるが、手で押しのけられ相手にしてもらえず、基地内に進入した際には2号機の奇襲を受け、戦闘することなく大破するなど、活躍する機会を与えられないまま役目を終えてしまう。哀れ。

関連機体[編集]

ギラ・ドーガ
原型機。
ジェガン
改修にパーツが使用されている。
ギラ・ドーガ改
機体名が同一だが、全く別物の機体である。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. カードゲーム『ガンダムウォー』より