「ティターンズ」の版間の差分

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集モバイルウェブ編集
2行目: 2行目:
 
[[宇宙世紀]]0084年に結成された[[地球連邦軍 (UC)|地球連邦軍]]の精鋭部隊。「地球圏の治安維持」を目的とし、その任務の中でも「ジオン軍残党の掃討」を(名目上の)至上命題としている。その実態は[[ジャミトフ・ハイマン]]の目的を達成させる為の軍閥組織であり、ティターンズを快く思わない派閥からは「ジャミトフの私兵集団」とも呼ばれている。
 
[[宇宙世紀]]0084年に結成された[[地球連邦軍 (UC)|地球連邦軍]]の精鋭部隊。「地球圏の治安維持」を目的とし、その任務の中でも「ジオン軍残党の掃討」を(名目上の)至上命題としている。その実態は[[ジャミトフ・ハイマン]]の目的を達成させる為の軍閥組織であり、ティターンズを快く思わない派閥からは「ジャミトフの私兵集団」とも呼ばれている。
  
各方面から優秀な人材を招集して編成された名実揃ったエリート部隊であるが、構成員のほとんどは地球出身者で構成されている。部隊の実権は[[バスク・オム]]など地球至上主義者が握っており、[[スペースノイド]]に対する弾圧を行った。また、一部構成員はそのエリート志向を鼻にかけ、連邦軍一般部隊や民間人との間で確執を作る一面も見られた。
+
各方面から優秀な人材を招集して編成された名実揃ったエリート部隊であるが、構成員のほとんどは地球出身者で構成されている<ref>[[エリアルド・ハンター]]など、一部ではあるがスペースノイド出身者も在籍している。</ref>。部隊の実権は[[バスク・オム]]など地球至上主義者が握っており、[[スペースノイド]]に対する弾圧を行った。また、一部構成員はそのエリート志向を鼻にかけ、連邦軍一般部隊や民間人との間で確執を作る一面も見られた。
  
その行動は次第にエスカレートしていき、[[スペースコロニー]]に対する毒ガス攻撃や報道管制などを行い[[スペースノイド]]の反感を買う。その結果、連邦内の反対派やジオン残党を[[エゥーゴ]]・[[カラバ]]として結束させ、[[グリプス戦役]]を勃発させる原因となった。
+
その行動は次第にエスカレートしていき、[[スペースコロニー]]に毒ガスを注入した[[30バンチ事件]]を切っ掛けに本格的に[[スペースノイド]]の反感を買う。その結果、連邦内の反対派やジオン残党を[[エゥーゴ]]・[[カラバ]]として結束させ、[[グリプス戦役]]を勃発させる原因となった<ref>これらの専横はバスク等一部の暴走であり、30バンチ事件のような強攻策も、ジャミトフが難色を示している。</ref>。
  
開戦当初は世論を味方に付け、[[ジャブロー]]の核自爆をエゥーゴによるものと印象付けることで抗争を優位にすすめていたものの、[[ダカール演説]]でそれまでの横暴を暴露された事で地球出身者の支持を失い、以降は毒ガスやコロニーレーザーによるコロニー攻撃など、その行動を過激化させていった。また、グリプス戦役も[[アクシズ]]の参戦によって三つ巴の戦いに発展。その混乱でジャミトフ以下部隊の主要人物を失い、最終的に組織の実権は[[パプテマス・シロッコ]]に掌握されたものの、そのシロッコも戦死。更にエゥーゴの奪取した[[コロニーレーザー]]の砲撃で主力艦隊に大打撃を受けた事でグリプス戦役は集結した。
+
開戦当初は世論を味方に付け、[[ジャブロー]]の核自爆をエゥーゴによるものと印象付けることで抗争を優位に進め、一時は連邦軍を掌握する寸前まで勢力を拡大したが、[[ダカール演説]]でそれまでの横暴を暴露された事で地球出身者の支持を失い、以降は毒ガスやコロニーレーザーによるコロニー攻撃など、その行動を過激化させていった。また、グリプス戦役も[[アクシズ]]の参戦によって三つ巴の戦いに発展。その混乱でジャミトフ以下部隊の主要人物を失い、最終的に組織の実権は[[パプテマス・シロッコ]]に掌握されたものの、そのシロッコも戦死。更にエゥーゴの奪取した[[コロニーレーザー]]の砲撃で主力艦隊に大打撃を受けた事で組織は壊滅。グリプス戦役も集結した。
  
グリプス戦役後、ティターンズは連邦内外から「反連邦組織」として認定されている。生き残った構成員は原隊復帰したものの、一部はMSごと軍を脱走して敵対組織であるジオン系組織に身を寄せた。また、一部は月面都市や民間軍事会社に身を寄せる者もいた。原隊復帰した隊員は戦後処理の際に連邦にとって不都合な罪をなすりつけられ不公平な軍事裁判にかけられた事例があり、それ以外にも[[トリントン基地]]など旧式の兵器しかない僻地での勤務を命じられるなど、元ティターンズ故の冷遇は続いた。
+
グリプス戦役後、ティターンズは連邦内外から「反連邦組織」として認定されている。生き残った構成員は原隊復帰したものの、一部はMSごと軍を脱走して敵対組織であるジオン系組織に身を寄せた。また、一部は月面都市や民間軍事会社に身を寄せる者もいた。原隊復帰した隊員は戦後処理の際に連邦にとって不都合な罪をなすりつけられ不公平な軍事裁判にかけられた事例があり、それ以外にも[[トリントン基地]]など新鋭機の配備もままならない僻地での勤務を命じられるなど、元ティターンズ故の冷遇は続いた。
  
 
[[サイド7]]のグリプス2を中心基地とし、[[グリーンノア1]]、[[ジャブロー]]、[[キリマンジャロ基地]]、[[ニューギニア基地]]、[[コンペイトウ]]、[[ア・バオア・クー]]、[[ルナツー]]等に拠点を置く。グリプス戦役中期にはア・バオア・クー、ルナツー、グリプス2を集結させ[[ゼダンの門]]を構成した。また、グリプス戦役敗退後も残された旧ティターンズの高官達は、私腹を肥やすという目的のため、ティターンズの装備を隠匿する為の巨大保管庫「デビルズ・ネスト」をオーストラリアに建造している。
 
[[サイド7]]のグリプス2を中心基地とし、[[グリーンノア1]]、[[ジャブロー]]、[[キリマンジャロ基地]]、[[ニューギニア基地]]、[[コンペイトウ]]、[[ア・バオア・クー]]、[[ルナツー]]等に拠点を置く。グリプス戦役中期にはア・バオア・クー、ルナツー、グリプス2を集結させ[[ゼダンの門]]を構成した。また、グリプス戦役敗退後も残された旧ティターンズの高官達は、私腹を肥やすという目的のため、ティターンズの装備を隠匿する為の巨大保管庫「デビルズ・ネスト」をオーストラリアに建造している。

2020年1月12日 (日) 07:07時点における版

ティターンズ(Titans)

宇宙世紀0084年に結成された地球連邦軍の精鋭部隊。「地球圏の治安維持」を目的とし、その任務の中でも「ジオン軍残党の掃討」を(名目上の)至上命題としている。その実態はジャミトフ・ハイマンの目的を達成させる為の軍閥組織であり、ティターンズを快く思わない派閥からは「ジャミトフの私兵集団」とも呼ばれている。

各方面から優秀な人材を招集して編成された名実揃ったエリート部隊であるが、構成員のほとんどは地球出身者で構成されている[1]。部隊の実権はバスク・オムなど地球至上主義者が握っており、スペースノイドに対する弾圧を行った。また、一部構成員はそのエリート志向を鼻にかけ、連邦軍一般部隊や民間人との間で確執を作る一面も見られた。

その行動は次第にエスカレートしていき、スペースコロニーに毒ガスを注入した30バンチ事件を切っ掛けに本格的にスペースノイドの反感を買う。その結果、連邦内の反対派やジオン残党をエゥーゴカラバとして結束させ、グリプス戦役を勃発させる原因となった[2]

開戦当初は世論を味方に付け、ジャブローの核自爆をエゥーゴによるものと印象付けることで抗争を優位に進め、一時は連邦軍を掌握する寸前まで勢力を拡大したが、ダカール演説でそれまでの横暴を暴露された事で地球出身者の支持を失い、以降は毒ガスやコロニーレーザーによるコロニー攻撃など、その行動を過激化させていった。また、グリプス戦役もアクシズの参戦によって三つ巴の戦いに発展。その混乱でジャミトフ以下部隊の主要人物を失い、最終的に組織の実権はパプテマス・シロッコに掌握されたものの、そのシロッコも戦死。更にエゥーゴの奪取したコロニーレーザーの砲撃で主力艦隊に大打撃を受けた事で組織は壊滅。グリプス戦役も集結した。

グリプス戦役後、ティターンズは連邦内外から「反連邦組織」として認定されている。生き残った構成員は原隊復帰したものの、一部はMSごと軍を脱走して敵対組織であるジオン系組織に身を寄せた。また、一部は月面都市や民間軍事会社に身を寄せる者もいた。原隊復帰した隊員は戦後処理の際に連邦にとって不都合な罪をなすりつけられ不公平な軍事裁判にかけられた事例があり、それ以外にもトリントン基地など新鋭機の配備もままならない僻地での勤務を命じられるなど、元ティターンズ故の冷遇は続いた。

サイド7のグリプス2を中心基地とし、グリーンノア1ジャブローキリマンジャロ基地ニューギニア基地コンペイトウア・バオア・クールナツー等に拠点を置く。グリプス戦役中期にはア・バオア・クー、ルナツー、グリプス2を集結させゼダンの門を構成した。また、グリプス戦役敗退後も残された旧ティターンズの高官達は、私腹を肥やすという目的のため、ティターンズの装備を隠匿する為の巨大保管庫「デビルズ・ネスト」をオーストラリアに建造している。

運用兵器は連邦軍の物も一部使用しているが、大半はルナツーやニューギニア基地等各拠点での独自開発であり、既存の連邦制式装備であっても配備に際して独自に採用評価試験を行っている[3]。また各地のニュータイプ研究所からの支援により、そこで開発された可変モビルアーマー強化人間の配備も行われた。

登場作品

機動戦士Ζガンダム
初登場作品。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
作中での動向はTV版と概ね同じ。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
連邦軍仕官時代のバスク・オムジャミトフ・ハイマンが登場。最終話である13話ではティターンズ結成の様子が描かれた。
GUNDAM LEGACY
record 14でティターンズの名が知れ渡る所以となったエアーズ市でのジオン残党鎮圧の様子が描かれる。ティターンズ所属時のフォルド及びエイガーが登場し、record16~17では部下と共に独断で「シルバー・ランス作戦」の阻止に当たっている。
ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
ティターンズが主役サイドの作品で、T3部隊視点でグリプス戦役が描かれている。
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ -くろうさぎのみた夢-
火星に逃げ延びたティターンズ残党が登場。ジオンマーズと共にレジオンを相手に一斉蜂起を行う。

構成人員

上層部、将校

ジャミトフ・ハイマン
バスク・オム
ジャマイカン・ダニンガン
ジゼル・アンジェリク・アルベール
パプテマス・シロッコ
ガディ・キンゼー
ハイファン
エスコラ・ゲッダ

パイロット

ジェリド・メサ
ヤザン・ゲーブル
カクリコン・カクーラー
エマ・シーン
サラ・ザビアロフ
レコア・ロンド
アジス・アジバ
アドル・ゼノ
カラ
キッチマン
ゲーツ・キャパ
シドレ
ソラマ
ダンケル・クーパー
デーバ・バロ
マウアー・ファラオ
ラムサス・ハサ
アルファ・A・ベイト
ベルナルド・モンシア
チャップ・アデル
フォルド・ロムフェロー
エイガー
アーネスト・マクガイア
ロスヴァイセ
ヒューイット・ライネス
ソウイチ・オビノ(後、エゥーゴに転身)
エセルバート・ヒンカピー
ユーイン・バーダー
カムナ・タチバナ(ダカール宣言以後、離脱)
ドナ・スター(任務中に戦死……?)

T3部隊

エリアルド・ハンター
ウェス・マーフィ
カール・マツバラ
オードリー・エイプリル

ティターンズ残党 

ドナルド

その他

マトッシュ
ミスター・エンキドゥ
ティターンズ残党にG-ドアーズを提供したとされる謎の人物。

関連用語

地球連邦軍
所属組織。
ニューディサイズ
地球連邦軍の精鋭部隊でアースノイド至上主義者が多いなどティターンズと共通した部分が多い。また一部の兵士がティターンズ残党と合流している。
30バンチ事件
ティターンズが過去に引き起こしたコロニーの住人をG3ガスで抹殺した事件。
TR計画
コンペイトウで進められたティターンズの次期主力機開発計画。
エゥーゴ
同じ連邦軍内の敵対する別軍閥組織。上記の30バンチ事件を切っ掛けに結成された。
カラバ
地球における敵対組織。
ロンド・ベル
エゥーゴ・カラバ等の戦力を再編した後継組織。ティターンズでの失敗を踏まえ、連邦軍の外郭組織として編成されている。
キュクロープス
宇宙戦国時代に誕生したティターンズの末裔を自称する連邦軍の軍事組織。

商品情報

ADVANCE OF Ζ―ティターンズの旗のもとに

電撃コミックス

みずきたつ

リンク

脚注

  1. エリアルド・ハンターなど、一部ではあるがスペースノイド出身者も在籍している。
  2. これらの専横はバスク等一部の暴走であり、30バンチ事件のような強攻策も、ジャミトフが難色を示している。
  3. ジムII配備の為にジム改高機動型を評価試験用に開発する等。