俗語・俗称

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では基本的に本編作品などで用いられず、主にユーザー同士で用いられる非公式な用語や名称をまとめています。

蔑称・比喩等、ネガティブなものについても敢えてリストアップする方針であるため、予めご了承下さい。また、使用する際もあくまで非公式の用語である事を留意した上で使用して下さい。

リスト[編集]

※個別記事がある場合は、当該記事に詳細説明を書き込んで下さい。

英数字・記号[編集]

50円
カオスガンダムに付けられた不名誉なあだ名。『DESTINY』放送当時は登場機体のガンプラの売り上げが伸び悩んでおり、特に大量に在庫が余った「1/144 カオスガンダム(HGではない関節非可動のキット)」が50円で投げ売りされる事例が発生したため、あだ名として用いられるようになってしまった。「1カオス=50円」という単位まで作られる程である。作中で同機が活躍の機会に乏しかった事も大いに影響している。
GN電池
アリオスガンダムに付けられた不名誉なあだ名。『00』2ndシーズン第13話のメメントモリ攻略戦において、プトレマイオス2へトランザム発動に必要なGN粒子を供給するため、他のガンダムとは別に1機だけ格納庫に待機させられた事から命名された。『00』での登場初期に目立った活躍が見られなかった事も影響している。
ppppp
新機動戦記ガンダムW』の後期オープニング (第48話~第49話のSE付きバージョン)の冒頭で、ウイングガンダムゼロのコックピットのコンソールが「ピピピピピ…」と鳴り続けるため、その効果音をコメント化したもの。主にOP動画でコメントされる。「p」の数に特に指定は無い。
ride on
「(乗り物に)乗る」を意味する英文。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第二期第48話でのオルガ・イツカの台詞「なんて声出してやがる…ライド」の「ライド」の部分が「ride on」とも聞き取れる事から用いられるようになった。
T
サイコフレームのアスキーアート。チェーン・アギが所持していたサイコフレームの試料の形状がTの字だった事が起因している。
(凸)
ジムのアスキーアート。バイザー形状によっては「凸」を別の単語に変える場合がある。
(・ω⊂) / (`・ω⊂)
新機動戦記ガンダムW』前期オープニング映像冒頭におけるヒイロ・ユイのポーズを顔文字で表したもの。主にオープニング映像が流れる動画などでコメントされる。
💃
オルガ・イツカの最期、路上に倒れた姿を絵文字「ダンサー」で表したもの。絵文字という都合上、パソコンや携帯など使用環境によって絵柄が変わってしまう点に注意。

あ行[編集]

アイラ・○○○○○ネン
アイラ・ユルキアイネンのネット上でのいじられネタ。「ユルキアイネン」の「ネン」の部分を関西弁の「~ねん」に見立て、主に登場時の状況に因んだ語句に置き換えるというもの。例えば腹が減っているシーンであれば「アイラ・ハラヘッテルネン」…といった具合である。
アゴい彗星のシャア / ケツアゴシャア
PS用ソフト『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』に登場する実写版シャア・アズナブルに付けられたあだ名。シャアを演じた役者がケツアゴだった事からそのまま命名された。
ちなみに一昔前のハリウッドでは割れ顎はハンサムの代名詞でもあったので、単なる価値観の違いでもある。
アゴバス
ニムバス・シュターゼンに対するあだ名。『SDガンダム GGENERATIONシリーズ』の初期シリーズに同キャラクターが参戦した際、グラフィックの顎が細長く描写される傾向にあった事から用いられるようになった。
脚なんて飾りです
『1st』第42話及び劇場版『めぐりあい宇宙』でのジオング整備兵の台詞の誤用。正しくは、シャアの「足は付いていない」を受けて「あんなの飾りです」。なお、『若き彗星の肖像』ではこの整備兵が再登場した折に「まんざら飾りでもなかった」と述べている。
頭マクギリス
『鉄血』第2期においてマクギリス・ファリドが引き起こした叛乱が計画性・先見性に乏しいものだった事から、「頭悪い」という意味合いで皮肉を込めて用いられるようになった用語。第1期から物語の裏で着々と計画を進めていたのにも関わらず、いざ蓋を開けてみれば完全にバエルに頼り切った叛乱だったため、落胆した視聴者の間で多く広まってしまう結果になった。類義語に「後先考えずに安易で前のめりな選択しかできない」ことを指して「頭鉄華団」というのもある。
アッシマーがっ!
機動戦士Ζガンダム』第16話におけるブラン・ブルタークの断末魔の叫び。ネット上でアッシマーの話題が出た際には、決まってこの台詞が書き込まれる。
椅子を尻で磨くだけの男
アルベオ・ピピニーデンを指す用語で『機動戦士Vガンダム』第42話で同キャラクターが発言した「(ブリッジの) 椅子を尻で磨くだけの男で終わるものかよ!」が由来。発言後、自らMAビルケナウで出撃しようとするものの、部下のルペ・シノが個人的理由から故意に爆散寸前の機体でビルケナウに接触。そのまま部下もろとも爆死し、結局”椅子を尻で磨くだけの男”のまま退場となってしまった。
バクゥやそのバリエーション機を指すあだ名。
犬の餌
ブルデュエルとそのパイロット、ミューディー・ホルクロフトを指してのあだ名。作中でケルベロスバクゥハウンドによって捕食されるかのようにコックピットを破壊された事が由来。
嘘だと言ってよ、バーニィ
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』第5話のサブタイトル。台詞のような言い回しであるため、アルの台詞と誤解される事もある(作中では一度も発言していない)。使い勝手がいいため、バーニィの部分を他のキャラクター名に変える使い方も見られる。
迂闊で残念
ディアッカ・エルスマンを評する際に用いられる語句。ディアッカの性格が初期設定では「狡猾で残忍」だったのに対し、実際の本編では「アークエンジェルに向けて放った砲撃が進路を妨害していた障害物に命中する」「軽はずみな発言でミリアリアにあやうくナイフで殺されかける」等々、色々と残念なキャラクターとして描かれていた事から、2chの人によって「狡猾で残忍」をもじった「迂闊で残念」と揶揄されるようになってしまった。ただ、結果的にディアッカの人気が増えたのも事実である。
黄金大使 / 大使
アレハンドロ・コーナーに対するあだ名。金色を好む傾向にある事からそのまま名付けられた。なお、黄金と大使繋がりの漫画作品として手塚治虫氏の「マグマ大使」が存在する。
オクレ兄さん
ギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝すごいよ!!マサルさん』に登場するキャラクター、磯辺強の台詞。そこから転じてオクレ繋がりであるスティング・オークレーに対するファンからの愛称。
御大将
ガンダムシリーズ総監督、富野由悠季氏および『∀ガンダム』に登場するキャラクター、ギム・ギンガナムに対する敬称。
大型新人
リボンズ・アルマーク役を務めた声優、蒼月昇氏の事。実際は同キャラクターを演じる際に古谷徹氏が使用したネームであり、新人声優である事をアピールしていた事から「大型新人」とユーザー間で用いられるようになった。「超ベテラン新人」という矛盾したものもある。
オ・ノーレ
∀ガンダム』第50話 (最終回)でギム・ギンガナムターンXを撃墜された時の台詞「おのぉぉぉれぇ!!」を文字化したもの。やや名詞風・カタコト風なのがミソ。動画などで同シーンが流れた時やゲームでターンXが撃墜された時などにコメントされる。
オフィシャルではございませぬぞ!
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』の「猿の衛星」に登場するシーナ・カッツィユッキーの台詞。E衛星周りの荒唐無稽な設定に対する作者による(メタ的な)お断り。使い勝手の良い台詞の為か、ユーザー間でも同様に荒唐無稽な設定のあるものを指して使用される。
お前もガンダムか!
プルトゥエルブデルタプラスをガンダムタイプと判断し攻撃を仕掛けた際の台詞。ネット上では主に「外見はガンダムっぽくないがガンダムタイプ」「外見はガンダムだけどガンダムタイプではない機体」などを挙げる大喜利のネタとして用いられる。
汚名挽回
機動戦士Ζガンダム』の登場人物、ジェリド・メサが第4話で「汚名返上」のつもりで誤用した用語。ジェリドを象徴する用語として用いられる。本来、汚名は返上するものなのだが、結局、その後も敗退を重ねたため、文字通り汚名を挽回しつづける結果となってしまった。なお、現実の日本国内において古くから用いられてきた用語であり、誤用かそうでないかがしばしば論点となる。

か行[編集]

ガイア!オルテガ!マッシュ!モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!
ガイアの代名詞の1つ「オルテガ!マッシュ!モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!」を謎の第四者による発言に改変した定型句。「誰だお前」と返すまでがテンプレ。
怪文書
A.O.Ζ Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-』の設定文に対する俗称。何度も読み返し、噛み砕いた解説を行う必要がある癖の強い文章が由来。
輝き撃ち
機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のOPで陸戦型ガンダムが180mmキャノンを発砲するカットの俗称。由来は同作のOPテーマ『嵐の中で輝いて』から。「地面に突き刺さったシールドの上に砲身を乗せている」ように見えるが、実際にプラモデル等で比較するとシールドが設定よりも大きく描かれており、実のところ「シールドが画面から見て陸戦型ガンダムよりも手前側に突き刺さって(突き立てられて)いるだけ」である。長年プラモデルではポーズに改変の加わった「シールドに180mmキャノンを乗せる為に片膝立ちした陸戦型ガンダム」の画像が使われており、一部キットではシールドに砲身を固定させる為のパーツ(こちらも「輝き棒」なる俗称で呼ばれる)が付属する事もあったが、『HG 1/144 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)』の商品画像でようやく正真正銘の輝き撃ちが再現された。
○○○カスタム
主にガンプラの旧キットにおいて商標上の都合で用いられた商品名(例:サーペントカスタムウイングガンダムゼロカスタム)。当該機が発展型であるか否かに関わらず用いられており、ゲーム作品などにおいても使用された。中でもゼロカスタムは、ユーザーの間で「ゼロカス」の略称で長きにわたって用いられるようになった。
合点承知
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R』のロウ・ギュールの顔芸。プロフェッサーの「やってしまいなさい」の一言に対して返答した際の濃い笑顔と台詞に由来。
カテ公
カテジナ・ルースに対するあだ名。ことぶきつかさ氏の漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム』においてシャクティ・カリンが同キャラクターに対して罵倒する際に用いた。以降、ユーザー間でも用いられるようになる。
カトキ立ち
メカデザイナー、カトキハジメ氏がモビルスーツの設定画で多用するポーズ。脚を肩幅程まで広げ上半身に力を入れたポーズで、頭から両脚にかけて二等辺三角形、両肩から両爪先にかけて長方形のシルエットができる。要するにとてもカッコイイポーズということ。当時、メカのデザイン画は三面図が主流だったが、シルエットを特徴的に捉えたこの技法が一世を風靡すると、多くのデザイナーも用いるようになった。
神コーン
OVA版『機動戦士ガンダムUC』のepisode 7の最終盤において登場した、フルサイコフレームから結晶体が発生した状態のユニコーンガンダムを指す。公式作品においては「ユニコーンガンダム (光の結晶体)」「ユニコーンガンダム (覚醒)」といった表記が存在する。
ガワラ立ち
メカデザイナー、大河原邦男氏がモビルスーツの設定画で多用するポーズ。
ガンダム三大悪女 / 宇宙世紀三大悪女
ガンダムシリーズにおける三大悪女。代表的なキャラクターは多く挙げられるものの、大概が作中に何らかの事情で性格を歪められているのが特徴である。
ガンダムタンク
PS用ソフト『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』のステージ3に登場した下半身がガンタンクガンダムに対するあだ名。詳細は「ガンダム+ガンタンクBパーツ」を参照。
かんたんアトラ / かんたんアトラちゃん
鉄血』第一期第4話のとあるシーンにおけるアトラ・ミクスタを指す。三日月達が桜・プレッツェルの経営する農園を訪れるシーンでアトラが坂の下から駆け上がってくるのだが、遠景であるため作画が簡略化されており(この時の表情は「:)」そのもの)、それがやや可愛げのあるものだった事から、ネット上でコラ画像や造形する人物が現れるなど一時期話題になった。
○○○カント / ○○ルカント
フェザール・イゼルカントのネット上でのいじられネタ。「イゼルカント」の主に前半部分を全く関係の無い別の語句に置き換えるというもので、中には卑猥な語句に置き換える例も見られる。
亀○ヘアー (卑猥な文章のため一部検閲) / 公然わいせつ罪
エマ・シーンに付けられた不名誉なあだ名。髪型が男性器を彷彿とさせるため、それをネタにしたテンプレ文章が作られてしまった。似た髪型のキャラも同様の扱いを受ける場合が多い。
キチーネ / タミフルザビーネ
機動戦士クロスボーン・ガンダム』において木星帝国の拷問を受け精神が破綻してしまったザビーネ・シャルを指す。変貌前の人格と極端なギャップがある上、ゲーム作品に声付きで参戦した際には声優の梁田清之氏が狂気に満ちた姿を見事に熱演しており、ユーザー間において上記のあだ名を確固たるものにした。
グゥレイトォ!
ディアッカ・エルスマンの口癖。ディアッカを象徴する言葉であり、ファンの間でも頻繁に用いられる。
草バエル
ガンダム・バエルの「バエル」の部分をネットスラング「草生える」とかけた造語。上記の「頭マクギリス」と同様の理由で生まれてしまった用語で、元のスラングと同様に使い勝手がいいため鉄血の話題では頻繁に用いられている。
グラサン
サングラスの略称。主にクワトロ・バジーナを指して使われるが、ジャミル・ニートハリー・オードに向けられる場合もある。
クルクルシュピン
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R』における叢雲劾の奇行の一つを指す。背を向けていた状態から髪をセットしつつ回転(クルクルウゥ~)し、相手に向かって腕を振り下ろし(指を差し)名乗る(シュピン!)一連の動作と付加された擬音に由来。ASTRAYシリーズではこの指差しポーズが劾の決めポーズとして用いられている。さらにゲーム『SDガンダム GGENERATION CROSS RAYS』では、遂にガンダムアストレイ ブルーフレームDの決めポーズ (シペールソードでの攻撃時)として実装された。
ゲロビ
ゲーム作品において照射型のビームを指す俗語。ゲーム『機動戦士ガンダム 連邦vsジオン』のプレイアブル機体であるビグ・ザムが大型メガ粒子砲を口からゲロを吐くように照射していた事から、「ゲロビーム」を縮めた「ゲロビ」として用いられるようになった。レイダーガンダムのツォーンなど、口から発射されるビームなども該当する。
黒カトル
ゼロシステムの影響により冷酷な人格へと変貌したカトル・ラバーバ・ウィナーを指す。人格どころかパイロットスーツとバイザーまで黒である。
黒富野
『機動戦士Vガンダム』などの富野監督作品に代表される、登場人物が次々と死ぬ展開や凄惨な描写などが多く含まれる陰鬱な作風を指す用語。対義語として白富野がある。
黒歴史
∀ガンダム』で登場したキーワード「黒歴史」を由来とする、「封印したいほど恥ずかしい・酷い出来事」という意味合いのネットスラング。使い勝手の良さからネット全般や現実世界においても広く普及している。
ケルゲレン子
『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第10話に2カットのみ登場するジオン軍女性オペレーターに付けられた愛称。本名は不明で、ケルゲレンのオペレーターであるかすら推測の域を出ないが、ジオン軍の登場するゲーム作品にオペレーターとしてゲスト出演する機会が多く、様々なユーザーからカルト的な人気を博している。
誤射マリア
ルナマリア・ホークに付けられたあだ名。『DESTINY』作中において肝心な場面で射撃を外す事から命名された。ゲーム作品においても射撃が不得意な面が強調されたり誤射時のネタ台詞が充実しているケースがよく見られる。ただし、作中では生身での射撃は苦手だというシーンはあるもののMS戦においては通常時は普通に射撃を当てており苦手や下手という事はなく、誤発砲および味方機に対する誤射は一切していないため注意。
御神体
ゾックを指すあだ名。ゲーム作品において巨体ゆえの当たり判定の大きさと射線妨害、機動性の低さ、ビームをチャージする際に発光するなどの理由からネタとして用いられる。
公式作品においては『ΖΖ』のキャトルが作中で御神体として祭られている。
コノシュンカンヲマッテイタンダー!
アーケードゲーム『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』におけるトビア・アロナクスの台詞「この瞬間を待っていたんだーっ」より。半角カナ・全角カナ・「!」の数違いなど表記にはバラつきがある。乗機のクロスボーン・ガンダムX1フルクロスが凶悪コンボ持ちの壊れ性能だった事と、コンボ中に上記の台詞を連呼する事からプレイヤー間で強く印象に残る事となった。どれ程の壊れぶりかは下記のリンクを参照。
なお、原作において上記の台詞を放ったインプルース・コルニグス戦での実際の乗機はクロスボーン・ガンダムX1パッチワークである。
ごひ
張五飛を指すあだ名。PCや携帯などで「五飛(ウーフェイ)」を日本語入力するには辞書登録しない限り「うーふぇい」からの変換が不可能であったため、「ごひ」「ごとび」といったように日本語からの変換で対応されるようになった。現在でも五飛のあだ名としてネット上で広く定着している。
これ、母さんです
機動戦士Vガンダム』第36話でのウッソ・エヴィンの台詞の誤用。ネット上で多く見られる誤用であるが、正しくは「母さんです」。一方、漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム』では「これ……」が台詞の前に来るため、これが誤用に影響している可能性もある。

さ行[編集]

最強の○○○ / 最弱の○○○
バトル漫画やアニメなどにおいてほぼ必然的に行われる最強(最弱)議論。ガンダム作品においても最強のニュータイプ、最強のオールドタイプ、最強or最弱のガンダムといったテーマでしばしば論争が起こる。
ザク神
ロボットアニメ『トップをねらえ!』の主人公メカ、ガンバスターの事。モノアイを有し、億単位の宇宙怪獣を単機で圧倒する事から敬称として名付けられた。ただ、モノアイ以外にも顎パーツや額の飾りなどがあるため、どちらかと言えばシスクードのような「モノアイガンダムズ」に近い。
さすがゴッグだ!なんともあるぜ!
『1st』第26話に登場したゴッグのパイロット、コーカ・ラサの「さすがゴッグだ。なんともないぜ!」の台詞を捩ったもの。主にゲームやアニメなどでゴッグが撃墜された際のコメントとして用いられる。
ザリガニ
ヴァル・ヴァロの事。「赤い・ハサミがある・機体先端部が尖っている」といった点がザリガニを思い起こさせる。
三馬鹿 / 常夏
機動戦士ガンダムSEED』に登場するオルガ・サブナッククロト・ブエルシャニ・アンドラスの3人組に対するファンからの愛称。前者は文字通り、チームワークがバラバラで口喧嘩が絶えない、しかしながら憎めない敵役だった事に由来している。後者についてはやや経緯が複雑で、『SEED』と同様に平井久司氏がキャラクターデザインを担当するバトルアニメ『スクライド』に登場するキャラクター、常夏三姉妹(全員の名前に「夏」の文字が入っている)に便乗したのが理由となっている。
サンライズパース
遠近法の一種。サンライズ作品で多く用いられ定着した俗称。『勇者』シリーズで知られるようになったため『勇者パース』とも。サンライズパースでは長大な武器の先端を手前に、ロボットは全身が収まるよう奥に配置する。このとき両者を『線』でつなぐことで距離感を出すところが特徴。これによって視聴者は迫力ある構図でロボットに武器を突きつけられているかのような印象を与えられ、否が応でも圧倒的な『強さ』を感じるという寸法になっている。ガンダムでは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のデンドロビウムのゼロ距離射撃や『新機動戦記ガンダムW』、『機動戦士ガンダムSEED』で多く用いられた。
強いられ線
漫画などで用いられる技法である集中線の事。『機動戦士ガンダムAGE』においてイワーク・ブライアが台詞「強いられているんだ!」を放った際に演出として集中線が用いられた事が由来している。
ジオン脅威のメカニズム (ジオン驚異のメカニズム)
オーソドックスな機体から奇抜な機体まで多種多様なモビルスーツやモビルアーマーなどを作り出すジオン公国軍を的確に表した用語。元ネタはガンプラ旧キットのコマーシャルで用いられていた同様のナレーション。表記は「脅威」と「驚異」の2つとバラつきがある。
ジオン贔屓
宇宙世紀作品において、ジオン系の機体の活躍が大々的に描かれている一方で連邦系の機体が性能差を問わず次々と一方的に撃墜されていく展開や、「ジオン軍人に人格者、連邦軍に極悪人」を徹底した展開など、ジオンばかりが待遇を受ける風潮に難色を示す目的で用いられる。これは戦争という勧善懲悪ではない物語を扱うガンダムにおいて、どうしてもTV放送で主流派にスポットが当てられた場合、OVAでは反主流派にスポットが当てられることが多いことが理由のひとつ。特に『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』や『機動戦士ガンダム MS IGLOO』などの今西隆志監督作品や『機動戦士ガンダムUC』などのジオン残党軍が登場する作品が顕著。
質量を持った○○
機動戦士ガンダムF91』において登場したフレーズ「質量を持った残像」に肖った用語。ネット上においてガンダム関係の物事を賞賛する際に「残像」の部分を別の言葉に置き換える用例が見られる。例:「質量を持った音質(高音質のガンダムソング動画を指す際など)」
死神
ガンダムシリーズに多く登場するキーワード「死神」の内、シャクティ・カリンにあだ名としてつけられたもの。同キャラクターが場当たり的な発想から取った独断行動が裏目に出て結果的に死人を多く出す事から用いられるようになった。人物としては『MS IGLOO2』の死神 (人物)、異名としてはテリー・サンダースJr.デュオ・マックスウェル等が該当。
自爆王子
ヒイロ・ユイを指すあだ名。『新機動戦記ガンダムW』などの作中で事ある毎にウイングガンダムなどを自爆させようとした事から名付けられた。なお、大概は未遂に終わっている(EWでも他の四人が戦後各ガンダムを揃って爆破したのに対してウイングゼロを先に大破させている)。
ジム頭
機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する陸戦型ガンダムの内、第10話~第11話に登場したカレン・ジョシュワ機に作中で付けられたあだ名。第9話で頭部を損失し、陸戦型ジムの頭部に置き換えられたのが起因。ネット上においては「頭部はジムタイプ、胴体は別機体」な機体を指して用いられる(例:ブルーディスティニー1号機)。
ジム神
ロボットアニメ『伝説巨神イデオン』の主人公メカ、イデオンの事。ジム風の頭部を有し、未知数の能力で圧倒的戦闘力を誇る事から敬称として名付けられた。その為、ネット上ではジムシリーズとのコラ画像やイラストなどが時折見られる。
シャゲダン
ガンダムゲームにおける煽り行為を指す用語。由来はゲーム『VSシリーズ』の初期作品に登場するシャア専用ゲルググであり、同機は特殊射撃ボタンを押す事で手に持ったビームナギナタを回転させ、これによって攻撃を防御する事ができた。しかし、これをダウンした相手の周囲でダンスを踊るように繰り出し煽る事案が見られるようになったため、「シャア専用ルググのダンス」の略である「シャゲダン」が煽り行為に対する定型句として用いられるようになった。
白富野
『∀ガンダム』などの富野監督作品に代表される、ほのぼのとした日常風景や登場人物があまり死なない展開などの全体的に明るい作風を指す用語。富野監督作品では間逆の展開の黒富野作品が多い事から、対義語として用いられるようになった。
水泳部
水陸両用モビルスーツや水中戦用モビルアーマーなどの水陸両用兵器・水中用兵器を指す用語。ジオン系の機体の場合は「ジオン水泳部」、地球連邦軍系の機体の場合は「連邦水泳部」といったように頭に組織名が付く。
スイカバー
Ζガンダムジ・Oに特攻したシーンの俗称。ネットの掲示板等でΖガンダムのシールドがシロッコに突き刺さるカットの横に氷菓子のスイカバーの画像が付随された事が始まり。また、ガンダムエクシアリペアIIのGNソード改が相手の胴体を突き刺した点で共通するため「メロンバー」と呼ばれる事も。
素ジム (すジム、そジム)
RGM-79 ジムの事。他のジムシリーズと区別するために用いられる。
スリッパ
モビルスーツの足先の幅広になっている部分を指す。特にガンダムタイプやジムタイプの物がスリッパを髣髴とさせる形状となっている。
戦艦並みの○○
その名の通り、戦艦並みの性能を有している際に使われる言葉。『機動戦士ガンダム』作中でシャアがガンダムのビームライフルの威力を戦艦並みと評したのが始まり。戦艦並みのコスト、索敵範囲、航行能力など作品によって使い道は様々。

た行[編集]

タコザク
サイコミュ高機動試験用ザクの通称。ロケットエンジンの脚部を持つ外観をタコに準えてつけられた。
タマネギ
アッザムルナタンクを指す。文字通りタマネギのような機体形状を持つ事に由来する。
機動戦士ガンダムSEED』の略称。SEEDを「種」と直訳した事に由来。
種死
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の略称。タイトルの「DESTINY」が「デスティニー」→「デス」→「死」と変遷した物。蔑称の意味合いが込められる為、『種運命』か『DESTINY』と通称した方が良い場合も多い。
種ポーズ
SEEDシリーズのオープニング映像で見られる、タイトルバックでビームライフルを掲げるポーズ。所謂「勇者パース」の派生形にあたる『決めポーズ』のこと。四肢を大きく広げ、画面左側に向けてライフルを構えるのが概ね多い。以降の『機動戦士ガンダムAGE』などの作品においても同様のポーズが見られる。
種割れ
SEEDシリーズにおいて登場キャラクターがSEEDを発現させた事を指す用語。発現時の描写として、脳裏で種のような物が割れるイメージが描かれている事から命名された。
弾切れ王子
トロワ・バートンを指すあだ名。『新機動戦記ガンダムW』などの作中で頻繁に弾切れの描写が描かれた事から名付けられた。
ためらいを消し去るポーズ
『機動戦士ガンダムAGE』の第4期オープニング「AURORA」のオープニング映像において、「ためらいを消し去れたなら」の歌詞が流れている際にガンダムAGE-FXが取っているポーズを指す用語。Cファンネルを機体前方に半円状に展開させ、ためらいを消し去るかのように左手を振り払う。
炭酸
パトリック・コーラサワーの事。コーラサワーを直訳したもの。
痔 / 痔悪化
ディアッカ・エルスマンのあだ名・略称の1つ。字面から蔑称という説もある。名前の「ディアッカ」に漢字を当て字したもの。
炒飯
ディアッカ・エルスマンのあだ名の1つ。「家に帰ったら台所にディアッカがいた」という設定のネタスレッド「ディアッカと俺の関係」において「ディアッカの作ったチャーハンを食べた。うまかった」という書き込みがネタとして昇華したのが由来。
通常の三倍 / 三倍の○○○
赤い彗星ことシャア・アズナブルの代名詞「通常の三倍の速度」が由来。これに肖って「赤いもの=通常の三倍の○○○」とするオマージュ・パロディがガンダムシリーズのみならず各作品・媒体で見られる。
強い方のオルガ
オルガ・イツカと比較した上でのオルガ・サブナックを指す。イツカ側と比べて、サブナック側はモビルスーツに乗る機会に恵まれ、さらにシャニクロトと共に主人公2人を度々苦戦させた事が要因となっている。しかし最終的には両者とも(活躍に対して)あっけない最期を遂げている。背後からの攻撃で命を落としたという点も共通。なおアッザム・オルガの立ち位置は不明。
ヅラ / カツラン
アスラン・ザラに対するあだ名。同キャラクターを演じる石田彰氏がギャグアニメ『銀魂』において「ヅラ」のあだ名で呼ばれる桂小太郎 (かつら こごろう)を演じていた事からそのまま用いられた。加えて、HDリマスター化以前のSEED本編において、シーンによってアスランの額が幅広に描かれている場合があったため、カツラ疑惑と揶揄された事も影響している。
鉄火丼
鉄華団の事。名称が「鉄火丼」に似ていた事から用いられるようになった。「2015年度アニメ流行語大賞」では銅賞を得ている。本編は食事シーンに力を入れているが、残念ながら鉄火丼が登場する事は無かった。
電子レンジ
ガンダムシリーズ屈指のトラウマ兵器、サイクロプスを指す。電子レンジと同様、マイクロ波発生装置である事に起因する。同じく人体破裂描写のある兵器としてジェネシスがあるが、あちらはガンマ線レーザー砲である。
なお、ガンダムシリーズでは他にも電子レンジ繋がりで「電子レンジにいれられたダイナマイト」がネット上で有名である。
天パ
天然パーマの略語。転じてアムロ・レイの事を指す。髪型が似ている『伝説巨神イデオン』の主人公ユウキ・コスモは見た目そのままの「アフロ」(「アムロ」とかけている可能性も)と呼ばれる。
東方一敗 / 東方○敗
東方不敗マスターアジアが『機動武闘伝Gガンダム』第24話で一度ドモンに敗北した事から名付けられたあだ名。
特徴がないのが特徴
コウ・ウラキジム・カスタムを評する際に用いた語句「特長がないのが特徴」の、ネット上などにおける誤用。本来の語句は「総合性能は優秀、しかし飛び抜けて高い性能は有していないのが特徴」という意味合いなのだが、これだと「目立つ部分がなくて目立つ」のような意味合いになってしまう。シンプルな機体ゆえあながち間違いでないかもしれないが。
独裁者
ベルリ・ゼナムを指す言葉。彼の生まれと育ちが特別であった事をマスクが危惧し実際に発言しだしたのが始まり。本人に独裁者になる気はさらさらない点に注意。
トランザム祭り
機動戦士ガンダム00』2ndシーズンの最終盤において、無数のガガが一斉にトランザムシステムを起動し特攻する光景から名付けられた。イナゴとも。

な行[編集]

なーい
機動戦士ガンダム00』1stシーズンの第1期オープニング「DAYBREAK'S BELL」の歌詞「願いは誰にも撃ち落せない」より。オープニング映像で同様の歌詞が流れるシーンが『00』のMAD動画「武力介入できないシリーズ」においてアイキャッチとして頻繁に用いられていた事から、オープニング映像が流れる動画などにおいて定番コメントとして用いられるようになった。
情けないモビルスーツ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』においてシャア・アズナブルが発言した「情けないモビルスーツと戦って勝つ意味があるのか」が由来。相手のνガンダムサイコフレームを搭載していなかった場合を仮定しての発言なのだが、νガンダム以前に交戦したリ・ガズィを指しての台詞と誤解されるケースが見られる。
名無し砲
デスティニーガンダムの武装の一つである「M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲」の通称。他の兵装にペットネームが付けられているのに対し、高エネルギービームライフルとこの武装だけが例外となっている事が由来。
ナラティブガンダム D装備
機動戦士ガンダムNT』でナラティブガンダムIIネオ・ジオングとドッキングしようとしたシーン及びドッキング状態を指す名詞。
ナラティブ組体操
現実世界におけて彫刻「サビニの女たちの略奪」をモチーフにした『ガンダムNT』のキービジュアルの俗称。天に向って手を伸ばすヨナ・バシュタに、ミシェル・ルオゾルタン・アッカネンが絡み合っている様子を組み体操になぞらえた事が由来。SNSでは公式を含め、実際にこのポーズを(人間・ガンプラ・アクションフィギュア等で)再現する「祭り」が発生した他、実際の彫刻との比較・考察も行われている(『NT』余談の項を参照)。なおキービジュアルには四人目としてリタ・ベルナルと思われる人物がヨナに手を伸ばしている。
何の光!?
機動戦士ガンダムΖΖ』第45話でザクIII改に乗るマシュマー・セロが今際の際に発生させたサイコ・フィールド(サイコ・プレッシャー、サイコパワーとも)に驚愕したラカン・ダカランが放った台詞。ネット上では主に動画内に眩い光や激しく発光する物体が映った際にコメントされる。『ガンダムビルドファイターズトライ アイランドウォーズ』では「何の光!?」と書かれた横断幕が一瞬だけ登場している。
ニート
ジャミル・ニートを指すあだ名。ファミリーネームが若年無業者を意味する「ニート」と被ってしまったがために、彼に対するあだ名としてネット上で用いられるようになってしまった。ただし、『X』放送当時に「ニート」という語句は存在しておらず、彼自身も艦長とMSパイロットを務める立派な有職者である点に注意。それを踏まえてジャミルのことを「働くニート」と呼ぶこともある。なお、ジャミルのファミリーネームのニートの綴りは「Neate」だが、若年無業者のニートの綴りは「Neet」である。
ニコる
ニコル・アマルフィが死亡する事を意味する動詞。SEEDシリーズにおいてニコルの死亡シーンが度々回想シーンで流れる事から用いられるようになった。なお、動画サイト「ニコニコ動画」に実装されている所謂「いいね」と同様の機能にも同じ名称が用いられている。
ニュータイプ撃ち
『1st』第33話でアムロが背後に回りこんだリック・ドムをニュータイプ能力で察知し振り向き撃ちで撃破した事から、主に振り向き撃ちやノールック射撃を指して用いられるようになった用語。
ニュータイプ音
ニュータイプが気配などを察知した際、額に稲妻が走る描写と共に流れる効果音を指す。この効果音に使用されている楽器は「フレクサトーン」という物。薄い金属板の両側にバチが付いており、楽器を振る事でバチが金属板を交互に叩き、ニュータイプ音の独特な音色を生み出す。『SEED』シリーズにおいても空間認識能力の描写に同様の効果音が用いられている。

は行[編集]

バナナ味
『機動戦士ガンダムUC』の主人公バナージ・リンクスの名前をもじったもの。
バニシングガンダム
『スーパーロボット大戦』シリーズの登場メカ「ヒュッケバイン」に対するあだ名。設定上での通称である「バニシングトルーパー」に因んだ事と、同機がカトキハジメ氏によってガンダムに寄せてデザインされた事が後に「ヒュッケバイン問題」と呼ばれるゲーム・現実双方での問題に発展した事に起因する。同問題についてはスーパーロボット大戦Wikiの同名記事を参照。
パパパパー
機動戦士Vガンダム』のアイキャッチ (Aパート終了時)でかかるBGMの冒頭部分を文字化したもの。
ハブラレルヤ
アレルヤ・ハプティズムに付けられた不名誉なあだ名。ファーストシーズンの時にトリニティの行いに刹那が武力介入を行った際にロックオンやティエリアが出撃したのに対してアレルヤはプトレマイオスの防衛を理由に一人出撃することはなく、その時にヨハンに刹那とロックオンの過去の因縁が明らかとなり、それに関するやり取りを見ていたティエリアにも心境の変化があり、マイスター同士の空気感も変わったが、その場に居合わせなかったアレルヤには何があったのか分からなかった事から始まり、上記の「GN電池」の項にも記述されているように、メメントモリ攻略戦においてアリオスガンダム共々格納庫待機となり要所要所でアレルヤはハブられる事から名付けられた。人間関係においても、他のマイスターとは違いサーシェスとの因縁が無い点もそれを際立てている。
ビスト神拳
OVA『機動戦士ガンダムUC』のepisode 7最終盤において、ユニコーンガンダムネオ・ジオングを相手に徒手空拳を繰り出し大ダメージを与えた事から命名された。漫画『北斗の拳』に登場する拳法、北斗神拳が由来。
ビルギットだけを殺す機械かよ!
機動戦士ガンダムF91』の登場人物ビルギット・ピリヨが無差別殺戮兵器バグを前にして放った台詞「人間だけを殺す機械かよ!」を改変したもの。確かに作中でバグに撃墜された描写があるモビルスーツパイロットはビルギットのみだが、それ以前に一般市民が虐殺されている場面があるため、ややツッコミどころのある改変ではある。ネット上では他にも「○○だけを○○する○○かよ!」といったように部分的に改変して用いられる場合もある。
ひろし
声優、藤原啓治氏が演じるキャラクターに対するあだ名(例:リョウ・ルーツアリー・アル・サーシェス)。同氏がアニメ『クレヨンしんちゃん』のキャラクター、野原ひろし役を演じていた事に由来する。
豚鼻
ゲルググを指す用語。鼻に当たる部分に「・・」状の穴がある事が由来。
ブライトさんも納得の弾幕 / ブライト艦長も納得の弾幕
動画サイト「ニコニコ動画」において使用されるタグ。ブライト・ノアがシリーズ作中で弾幕の薄さを指摘する場面がある事に因んで、主にコメント弾幕で覆われた動画や凄まじい弾幕を展開する機体が登場するゲームプレイ動画などに付けられる。
フリーダイヤル
MSA-120の事。型式番号がフリーダイヤルである「0120」と一致するためあだ名として用いられるようになった。
風呂栓
ガンダム Gのレコンギスタ』に登場する機体ジャイオーンおよびパイロットのキア・ムベッキの最期を表したもの。シー・デスクの損傷箇所からの水の流出を食い止めるべく自らの機体を蓋代わりにした事に由来する。
ふんどし
モビルスーツの股間部分を指す用語。主にガンプラ用語として用いられる傾向にある。腰部フロントアーマーを含めて呼称される場合もある。
ホンタイ
SDガンダム三国伝』シリーズで使われている汎用ランナー「ホンタイ1」及び「ホンタイ2」の事。本来は共通部品によるコストダウンを図った物だったようだが、結果として多用されなかった。特に「ホンタイ1」を使用した劉備ガンダムの俗称として定着している。

ま行[編集]

マザコン
マザーコンプレックスの略語。ガンダム作品においても該当する人物にあだ名として用いられている。作中で実際にマザコン呼ばわりされた例もあれば(グレミー・トト)、そうとも解釈できる発言をしてしまったがためにネタキャラとして弄られるようになってしまった例も存在する(「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ」と発言したシャア・アズナブル)。
魔中年
アセム編におけるデシル・ガレット (青年期)を指す。フリット編でのデシル (少年期)初登場回のサブタイトル「魔少年」に因んでいる。
まどかタイタス / まどタス
魔法少女アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公、鹿目まどかの立体物である「figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか」の手足をガンプラ「HG 1/144 ガンダムAGE-1 タイタス」の物に差し替えた物。画像掲示板群「ふたば☆ちゃんねるの模型裏板」で誕生したコラボ作品であり、その絶妙な組み合わせからネット上で一躍有名となった。中にはこれに肖ってフィギュアとガンプラをセット販売する店も。これ以降、その他の魔法少女とロボット物のプラモデルを組み合わせた作例が見られるようになった。
魔乳
マリュー・ラミアスを指すあだ名。巨乳の持ち主であり、被弾時などに度々乳揺れを起こす事から名前の「マリュー」をもじって命名された。
ミンチよりひでぇや
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』第6話で連邦兵が放った台詞…の誤植である。実際は「ミンチよりひでぇ」であり、何らかの形で誤ったままネット上で広がる事となった。
紫ババア
キシリア・ザビを指すあだ名。服の色が(お年寄りが好むカラーといわれている)紫である事も含め、『1st』においてピチピチの24歳である(ORIGIN版では35歳)のにも関わらず老け顔で描かれていた事が起因している。
紫豚
ニナ・パープルトンを指すあだ名。蔑称としての意味合いが強い。名字のパープルを紫、トンをそのまま豚になぞらえている。
盟主王
ムルタ・アズラエルに付けられたあだ名・敬称。同キャラクターを演じた檜山修之氏がロボットアニメ『勇者王ガオガイガー』の主人公、獅子王凱を演じていた事に因んで、「勇者王」をもじる形で名付けられた。
モビル○○○
ガンプラで商標上の都合から用いられる商品名(例:モビルジンモビルカプル)。なお、ゲイツについては発売当時、マイクロソフト社に同名の人物がいた事が引き合いに出されており、それを示すように商品名も「モビルスーツゲイツ」となっている。

や行[編集]

焼け野原ひろし
アリー・アル・サーシェスのあだ名。由来は上記の「ひろし」の項で説明した通りだが、こちらはアザディスタン王国を含め各地を焼け野原に変えていった事から「焼け野原+野原ひろし=焼け野原ひろし」といった感じで用いられるようになった。藤原啓治氏の演じる炎属性キャラもしくは悪役キャラを指す言葉としても用いられる。
妖怪首おいてけ
ガンダムAGE-FXのあだ名。Cファンネルによってヴェイガン機の頭部コックピットを切り離し無力化する事から名付けられた。元ネタは平野耕太の漫画作品『ドリフターズ』。『AGE』に企画協力している会社レベルファイブがゲーム・アニメ『妖怪ウォッチ』を手掛けている事も起因していると思われる。

ら行[編集]

ラクシズ
軍事同盟、三隻同盟に対する蔑称。地球連合軍ザフト軍に対し第三勢力として喧嘩両成敗に等しい強制武装解除を実行した事から用いられるようになった蔑称。元ネタは『機動戦士Ζガンダム』に登場した軍事組織アクシズで、同じく第三勢力としてエゥーゴティターンズの抗争に参戦したことと、三隻同盟の事実上の首魁であるラクス・クラインに因んだものと思われる。
ララァ・スン専用モビルアーマー
エルメスが商品化した際に用いられる商品名。同名のブランドが存在する事から商標上の都合でこのようになっている。
ロリコン
ロリータコンプレックスの略語。ガンダム作品においても該当する人物にあだ名として用いられている(例:ハリソン・マディン)。シャアについては顕著であり、ララァ・スンクェス・パラヤなどの年下の少女を手元に引き込んでいる事から、ネット上だけでなくギュネイからもロリコン認定されている。
ロリソン
「ロリコン」とは別個にハリソン・マディンに付けられたあだ名。「ロリコン+ハリソン=ロリソン」。彼の場合、祖父 (と思われる人物)の代からロリコンの系譜が続いている。

わ行[編集]

○枠
プロトアストレイシリーズの通称。ガンダムアストレイ レッドフレームであれば「赤枠」、ブルーフレームであれば「青枠」といったように、機体骨格を意味する「フレーム」を「枠」に置き換えている。

略称 [編集]

隠者
インフィニットジャスティスガンダムの略称。「インフィニットジャスティス」に漢字を当て字したもの。
寒ジム (かんジム)
ジム寒冷地仕様の略称。
ザクヲ
ザクウォーリアの略称。
シャア○○
シャア専用機の略称。例:「シャア専用ザク ⇒ シャアザク」「シャア専用ゲルググ ⇒ シャアゲル」
ストフリ
ストライクフリーダムガンダムの略称。
○○スナ / ○○砂
スナイパータイプの機体の略称。例:「ジム・スナイパー ⇒ ジム砂」「ジム・スナイパーカスタム ⇒ スナカス」「ジム・スナイパーII ⇒ 砂2」「ザクI・スナイパータイプ ⇒ ザクスナ」
デザ○○
機体名に「デザート(ディザート)」が含まれる機体の略称。例:「ザク・デザートタイプディザート・ザク ⇒ デザク」「デザート・ゲルググ ⇒ デザゲル」
ドムトロ
ドム・トローペンの略称。
ネオング
ネオ・ジオングの略称。
パオング
パーフェクト・ジオングの略称。
パガン
パーフェクトガンダムの略称。
○○○バズ
バズーカ系の略称(例:ザクバズーカ ⇒ ザクバズ、ジャイアントバズーカ ⇒ ジャイバズ)。
ビーライ / BR
ビーム・ライフルの略称。
ミノ粉 (みのこな、みのふん)
ミノフスキー粒子の略称。厳密には粉ではなく粒子なのだが、『Gの影忍』に登場する忍者は、トリカブト、マツの実等を混ぜ粉末状にした物を所謂霧隠れの術に使用している。
陸ガン / 陸ジム
陸戦型ガンダム及び陸戦型ジムの略称。

公式に逆輸入された俗語・俗称[編集]

金ジム
アルヴァアロンの事。ジム風の頭部を有している事から名付けられた。後に二期ドラマCDで公式に「金ジム」と呼称されている。
強いられ~ (強いられた / 強いられる)
無理に物事をさせられる事。『機動戦士ガンダムAGE』の登場キャラクター、イワーク・ブライアが発言した「強いられているんだ!」が由来。同台詞がカルト的人気を博した事から、番組内やゲーム・書籍などといった媒体においてさりげなく使われるようになった(例:「過酷な環境で生きることを強いられた者達は~(ガンダムAGE キオ編ナレーション)」)。
「刹那、トランザムは使うなよ」「了解、トランザム!」
機動戦士ガンダム00』2ndシーズン第6話におけるイアン・ヴァスティ刹那・F・セイエイのやり取りを「イアンの忠告をフリと受け取った、または我慢できなかった刹那がトランザムを発動する」というネタにしたもの。実際の本編ではダブルオーガンダムのツインドライヴの同調が安定しておらず、トランザムの使用を極力避けるべき状態だった事から
イアン「刹那、トランザムは使うなよー!」
刹那「了解」
といったやり取りが交わされたのだが、敵のアヘッド・サキガケの猛攻の前に止む無くトランザムを使用する展開になった。
公式もこのネタに影響を受けたのか、『ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”』において、新生ソレスタルビーイングに加入してから間もないのにも関わらずいきなりガンダムで出撃しようとするグラハム・エーカーに対し、ライルが「トランザム使うなって言っても使うぞ」と発言している。
全裸
フル・フロンタルの事。元の名前自体が「全裸」を意味してるため、自然とユーザーの間で広く用いられるようになった。後に公式PV「episode1-6ダイジェスト 100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC」でフル・フロンタルの紹介映像が流れた際に「実は全裸という意味!」というテロップが堂々と映されている。
ボトムズ
ロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ』シリーズの事。ザクフリッパーの頭部カメラが同作品に登場するスコープドッグ、スタンディングタートル、スナッピングタートルなどの物に類似している事から、比較の際に作品タイトルがよく挙げられる。近年では『ガンダムビルドファイターズ』第13話や『ガンダムバトルオペレーション2』のザクフリッパー実装イベント等々、公式作品においてザクフリッパーとボトムズを組み合わせたパロディネタが見られるようになっている。

リンク [編集]